テレビゲームあれこれ日記

かっこいいゲームのタイトル(題名)は?

 皆さんが「かっこいい!」、もしくは「上手い!」と思ったゲームのタイトルは何ですか?
 僕は、スーパーファミコンの作品「レナス ~古代機械の記憶~」です。残念ながらゲーム自体をプレイしたことはないのですが、今回のテーマはあくまでゲーム作品の「表題(タイトル)」ということで、どうかご容赦下さいませ。
「レナス~」は、サブタイトルがロマンチックで好きですね。“古代機械”と聞くだけでイマジネーションが刺激されて、何だかゾクゾクしてきます。後に作家・栗本薫の代表作であるファンタジー小説「グインサーガ」を読んでいたら、この“古代機械”という言葉が何度もかんども登場して、「何だ、オレが幼稚園児の頃からある言葉なのか」と、わずかにガッカリしたことは事実ですが……。しかし、ゲームのタイトルとしては確実に「上手い」部類に入るでしょう。
 聞けば、「レナス~」のシナリオを手がけたのは、国民的ゲームソフト「桃太郎電鉄」シリーズのスタッフクレジットに“ゲーム演出”としても名前を連ねる柴尾英令氏だとか。「桃鉄」なら、僕もゲームボーイミクロ(GBM)で目下プレイ中であります。いやあ世間(というか業界)は本当に狭い。
 ところでタイトルには、日本語系、英語系、造語系など、いろいろなタイプがあると思います。
 日本語系で僕が他に好きなのは、「ドラゴンクエスト」シリーズ第5作目のサブタイトル“天空の花嫁”です。普通、あの種のストーリーですと、「なんとかの戦士」とか「なんとかの英雄」とか、勇ましいものが多いのですが、完全に意表を突かれましたね。それも、ポッと出の無名ゲームではなくて、国民的RPGとまで言われた「ドラクエ」がそんな“実験”をしたことに、発表当時高校生だった僕は衝撃を受けました。
 英語系では、「バイオハザード」の知名度が一番なのかな。そう言えば、どういうゲームかは忘れましたが「アフレイドギア」という作品がありました。これも横文字系ではカッコイイ部類でしょう。意味は分かりませんが、語感が実に素晴らしい。
 逆に、僕の中でのワースト1は「アランドラ」。これは造語系に属しますが、アラン・ドロンそのまんまじゃねーか!! と言いたい。
[PR]

by atom211974-3 | 2005-11-27 12:39
<< GBA版「シャイニング・フォー... ゲームにおける“やり込み”という要素 >>