テレビゲームあれこれ日記

梅雨空と3DS

 2012年も半ばが過ぎて、気がつけば7月に突入。紫陽花も枯れ落ちる今日この頃。

 暑いのか寒いのか今ひとつハッキリしない天候の中にあって、3DSのソフト・ラインナップだけはハッキリ「凄い!」と言い切れる充実度を誇っています。

 特に5月末に出た『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』、6月末に出た『カルドセプト』、そして今月(7月)に発売される『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』。

 長年ゲームで遊んでいますが、このコンボはちょっと凄いと思う。

 従来であればハードウェアのライフサイクルの“末期”にようやく出そろうような、いずれ劣らぬ珠玉の中堅タイトルが毎月のように続々と登場するわけですから。デアゴスティーニかっつの。

『カルドセプト』はすでに買ったし、『カルチョビット』も買う予定です。
 サッカーに詳しくない僕でも、前作(GBA版)は大いにハマりましたからね。実にいいゲームです。

 思えばGBA版の『カルチョ~』が出た当時は、ちょうど市場がGBAからDSに移り変わる時期に当たり、おもしろいゲームであるにもかかわらず、あまり注目されなかったんですよね。もったいない。

 そう言えば『テリー』も『カルド』も『カルチョ』も、全てWi-Fiに対応している“対戦型”のゲームでもあります。Wi-Fi環境が世間一般に浸透してきたから、それを活かしたソフトを出しやすい状況にあるのでしょう。

 僕は対戦ゲームがもの凄く下手なので、基本的には一人でちまちまとオフラインで遊ぶ予定。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-07-04 00:37
<< 最近のハマりゲーム 2012.... 『ドラゴンクエストモンスターズ... >>