テレビゲームあれこれ日記

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 (3DS用ソフト) その4

 プレイを続けること70時間。

“ギガンテス”と“ギガントヒルズ”を配合して生まれる巨獣“バルザック”。こいつの圧倒的な強さ、そして可愛さに惚れ込んでいる最中であります(相変わらずWi-Fi-対戦ではちっとも勝てないんだが)。

 しかし他のプレイヤーを見ると、みんな本当に凄まじいモンスターやスキルを持っていて驚かされます。

 全国のニンテンドー3DSステーションやマクドナルドその他で、レア・モンスターを受信できたりするワケですが、僕はまだその手のスペシャルデータは全く貰ってないや。

 もちろん欲しいのはヤマヤマなのですが、マクドナルド店内で3DSを開く勇気が、もうひとつ湧いてこない(これが年齢ってヤツか……?)。

 でも“すれ違いバトル”でのデータ配信なら、3DS本体を鞄に入れたままでもモンスターを貰えるので、いつまでもモジモジしていないで、そろそろ受信しに行こうかと考えておる(特性:こうどう おそい)。

 しかし話は変わりますが“オロオロ”とか“ヘロヘロ”のスキルは始末に負えんなあ。

 対戦中に、わざと波乱を起こすために入れたんでしょうけどね。勝敗が固定化しないように。言わば『マリオカート』におけるバナナやキノコのようなアイテムと同じです。

 それは分かるんだけど、しかし経験値を稼げば稼ぐほどに“ヘロヘロ”しやすくなると言うのは理屈に合わない。次回作では、もうちょっと納得のいく“理由”をでっち上げてほしいところ。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-06-24 03:00
<< 梅雨空と3DS 『ドラゴンクエストモンスターズ... >>