テレビゲームあれこれ日記

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 (3DS用ソフト) その2

 プレイ20時間を突破。

 エンディングまではもうひと踏ん張りといったところですが、何も急いでエンディングを見る必要はありません(スキル:“古参ゲーマーのよゆう”)。キラリッ。
 このゲームは戦闘の楽しさがメインに据えられているため、無理にストーリーを進める必要はないのです。

 そんなわけで、ストーリーなんかそっちのけで極めて個人的な趣味を爆発させています。

“デビルアーマー(赤と黒のツートンカラーの鎧を着たモンスター)”に“マッドギャラン”という名前をつけて、せっせと育てては貢いでいます。嗚呼、マッドギャラン様!!

【以下、個人的な趣味の話】

 古い話になりますが“マッドギャラン”というのは、今から27年前の1985年に放送された特撮ヒーロー番組『巨獣特捜ジャスピオン』に登場する、敵方のリーダーの名前であります。

『ジャスピオン』は、それまで特撮ヒーローのお約束であった変身ポーズを思い切って省略し、変身後の名乗りまでも省略し、さらに、繰り出す技の名前をいちいち叫ばないようにするなど、全く新しい番組フォーマットを目指して作られた特撮ヒーロー界の野心作でした。

 あまりに画期的すぎて視聴率が伸び悩んだという話も聞き及んでおります。でも楽しかったよ。

 その番組に悪役として登場した“マッドギャラン”は、とにかく、ひたすらカッコよかった。映画『スターウォーズ』で言えばダース・ヴェイダーみたいな感じかなあ。

“マッドギャラン”は人間の姿に変身したりするのですが、その人間の役を演ずるのが当時ジャパンアクションクラブのエース格だった、俳優の春田純一。

 当時、特撮ヒーローの主演などで活躍していた春田を悪役に回すなんて、かなり贅沢なキャスティングですよ。アクションだって誰よりもできるのに、素顔の状態ではほとんどアクションシーンがないし。ほんと贅沢。

 と、趣味の話は以上です。

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』は、ユーザー各々のそうした誰にも分からない過去の自分の“こだわり”をも柔軟に受け入れてくれる、懐の深いゲームです。『ドラゴンクエストIII(3)』や『ウィザードリィ』の自由度に近いものがありますね。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-06-06 01:10
<< 『ドラゴンクエストモンスターズ... 『ドラゴンクエストモンスターズ... >>