テレビゲームあれこれ日記

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 (3DS用ソフト) その1

「いいかげん、スクエニ社は『ドラゴンクエスト』関連のタイトルを出しすぎ! 作らせすぎ! ユーザーも飽きてしまうしクリエイターも可哀そう!」などと、本作の発売前はかなり斜に構えていた僕でしたが、案の定、買ってみると寝食を忘れてハマってしまう始末。

 いや、ゲームの出来そのものは今回もかなりイイので、興味のある人なら買って損はありません。
 
 あくまでも戦闘がメインのゲームなので、ストーリーもさほど細かく覚えておく必要がないし、これなら忙しい社会人でも少しずつ相当長く遊べますよ。

 シリーズ本編ほどではないにせよ、毎度のことながら戦闘バランスの妙味にぐいぐいと引きずり込まれ、時間を忘れてプレイをしてしまうこと請け合い。
 ハードもニンテンドー3DSになって、メニュー画面への切り替え等のスピードが少し速くなっているのは嬉しかった。この“少し”の差が本当に大きいんですよね。エラい!

 文字フォントも美しく読みやすくなり、グラフィック全体にも磨きがかかっています(ただ綺麗になった反面、ちょっと世界が無機質になってしまった感は否めません。贅沢な注文だけどね)。

 肝心の戦闘モードですが、今回はシリーズで初めて画面にうっすらと紗をかけるという、ちょっとファンタスティックな演出が施されています。遊び始めは違和感があったけれど、ゲーム自体がおもしろいので段々どうでもよくなった(笑)。

 さて続きをプレイするぞ。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-06-02 04:44
<< 『ドラゴンクエストモンスターズ... 親指が痛い 『マリオテニス オ... >>