テレビゲームあれこれ日記

『新・光神話パルテナの鏡』 (3DS用ソフト) その2

 プレイ15時間を突破。

 とは言え寄り道をしまくっているため、まだまだ全体の半分にも到達していません。楽しい。お手軽感と重厚感を両立しているような、不思議なゲームですね。

 現在は、個人的に好きなステージ(1章か2章)を何度もかんどもクリアして、ハート(ゲーム内における“おカネ”)を貯めまくっているところ。嗚呼、いい武器が欲しい。

 基本的にはシューティングゲームでありながら、まるでRPGのような“蓄積”の機会が与えられているところが個人的にツボ。下手でもコツコツと地道に努力を積み重ねれば何とか道が切り開ける、という部分が実にRPG的なのですね。

 たとえ一回一回のプレイが大した成果をもたらさなくても、“毎日ちょっとずつプレイ”の蓄積がジワジワと利いてくるシステムなわけです。つまり、やったことが無駄にならない。

 これなら時間のない社会人でも、寝る前などにサクッと短時間のプレイを積み重ねることによって、総体として“濃い”ゲーム体験を堪能することができる。素晴らしい!

 が、しかし短い時間でも楽しめる良質なゲームというものは、得てして寝る間も惜しんでガッツリと長時間遊んでしまうものです。そういうものなのです。気をつけますハイ。

 ところで、本作にオマケでついてくる3DS専用スタンドは実に具合いがいい。
 もちろん他のソフトにも使えるわけで、立体視を重視するタイトル(たとえば『スターフォックス64 3D』など)のプレイにも役立つ。

 3DSも発売から1年が経過し、ようやく「遊べるハード」になってきましたね。この専用スタンド、今後も重宝しそうです!
[PR]

by atom211974-3 | 2012-04-01 17:44
<< 『新・光神話パルテナの鏡』 (... 『新・光神話パルテナの鏡』 (... >>