テレビゲームあれこれ日記

『風ノ旅ビト』 (プレイステーション ストア配信ソフト)

 久々に「ビビッ!」と来たソフトです。

 未知なる砂漠(いまCMで何かと話題の鳥取砂丘ではありません)をただひたすら旅するだけのゲーム。
 プレイヤーは、いきなり砂漠に放り出される。そこから何をすればいいのか、どこに行けばいいのか、説明は一切なし。いいなあ。

 とりあえず太陽が見える方向を目指して走っていこう、とスタスタ歩き始めました。

 ゲームの既存の文法を壊してやろうという野心はひしひしと感じますが、このゲームってセーブ方法はあるのかなあ。もうこの疑問そのものが、ゲームの“セーブ文化”にとらわれた発想なんだけれどもね。

 でももしセーブ機能があるのなら、いまめっちゃセーブしたいわー。もうそろそろ寝なあかんし……(笑)。

 本作は一見、いかにもリラクゼーションソフトのような優しげな外見をしていながらも、ゲーム的には意外とトンガっています。購入の際にはどうかご注意ください。

 映画で言えば『2001年宇宙の旅』や、ゲームで言うなら『MYST(ミスト)』のような系譜に属するのかなあ。椎名誠のSF小説(『水域』など)も思い起こされるなあ。

 ともかくも、人間とは不可解なものに惹かれるものです。早くセーブの方法が知りてえんですけど(笑)。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-03-19 02:30
<< 『新・光神話パルテナの鏡』 (... むずかしい! でもおもしろいぜ... >>