テレビゲームあれこれ日記

『メタルマックス2:リローデッド』 (DS用ソフト) その9

 累計プレイ時間140時間。

 現在は2周目の終盤に来ていて、メルトタウン周辺にてまたまた“レベルメタフィン”の収集に励んでいるところです。

 それも、わざとレベルの低い弱っちい汎用キャラクターばかりをクルマに乗っけて、レベル上げの作業をも同時に楽しむという「楽しさ」の二重構造を堪能しまくりの今日この頃。

 こうした『ウィザードリィ』的な無駄な(敢えて“無駄”と言いますが)自由度の高さと、遊びの余地の膨大さとの相乗効果で、本当に延々と遊び続けられるゲームになっているんですよね。

 自分でも、ここへ来てまさか『メタルマックス』にこれほど熱中するとは思っていませんでした。昨年末にこのソフトが発売されたと知ったとき、正直言ってさほど興味は湧かなかった。

「ああ、前作『3』の出来がよかったから、そのエンジンを流用してもう一本作ったのね」くらいの認識しかなかったのです。

 しょうがねえなあ、俺の財布の“積載量”を5,000円も圧迫しやがって……。ま、一応買っておくか……。
 などと、むしろネガティブな気持ちで購入したのですが、いやあ買ってよかった。今月に出るという攻略本も買う予定。完全にハマっています。

 欲を言うなら、本作はゲームとしてまだまだ手放しで絶賛する水準には達していません。

 が、しかし、あともう一息で『メタルマックス』は本当のブレイクスルーを起こすかも知れないな、と期待を抱かせる段階にまで来ていることは確かです。

 もしナンバリングの続編『4』を作るのなら、コンペで開発会社に表現能力を競わせてみてはどうでしょう。

 なぜなら『メタルマックス』はもともと企画とシナリオの安定感は抜群なのだから、あとはそれが最もいいカタチで表現されることが、ユーザーにとっての幸せだと思うんですよね。
[PR]

by atom211974-3 | 2012-02-05 03:29
<< 『メタルマックス2:リローデッ... 『メタルマックス2:リローデッ... >>