テレビゲームあれこれ日記

極私的Wiiブーム ~『NewスーパーマリオブラザーズWii』篇~ その1

『ドラクエ』シリーズ復刻ソフト(25周年記念バージョン)のおかげで久々にWiiの電源を入れたヨ! というゲームファンの皆様! こんにちはッ。

 かく言う僕もその一人で、Wiiに触っているうちに前々から気になっていた『NewスーパーマリオブラザーズWii』がついつい欲しくなったので購入。

 おもしろいのは重々承知していたつもりだったけど、一緒にマルチプレイをやってくれる人が身の周りにいないので、何となくヒガんだまま今日まで買わずに痩せ我慢をしていたのだ(笑)。

 ソフトのクオリティの高さは折り紙つきなので詳しい説明は省きますが、それはもう出来のいいアクションゲームだこと。

 過去の2Dマリオと3Dマリオの良いトコ取り的なゲームデザインにも納得。3D(『スーパーマリオ64』系)のマリオを動かす感覚で、2Dのステージ攻略を楽しめる。これは楽しい。

 遊んでいるうちにテクニックが成熟し、マリオの動きが手に馴染んできてソフトを手離せなくなる――そんな任天堂・宮本茂(スーパーマリオの生みの親)のゲーム設計思想も僕は大好き。

 ユーザーの心理として、買ったソフトはできるだけ長く楽しみたいですからね。使えば使うほどに愛着が湧いてくるモノ、というのはゲームソフトに限らず単純に嬉しいじゃないですか。Wiiの後継機Wii Uが出てからも、このソフトは遊ばれ続けるでしょうね。

 ゲームも消費材ではなく、たとえば文庫本のようにいつの時代でも好きな時に手に入れて遊ぶことのできる文化財になってくれれば、ユーザーも嬉しいし作り手も報われる――。

 ハードウェアの開発・販売競争があるので、なかなかそうなってはくれないですけどねえ……。

 もうすぐ発売のニンテンドー3DS用ソフト『スーパーマリオ3Dランド』もまた、3Dベースでありながら、2Dアクションの楽しさを意識した作りになっているようで大いに期待しています。2Dマリオが大好きな僕としては、そういうのを待っていたんだよ! という感じ。

『NewマリオWii』と『ドラクエI・II・III』があれば、あと五年くらいは遊べそう。ヤバイ。
[PR]

by atom211974-3 | 2011-10-08 17:14
<< 極私的Wiiブーム ~『New... ドラゴンクエスト25周年 その2 >>