テレビゲームあれこれ日記

ドラクエの夏、日本の夏

 先日、朝の出勤時に電車にガタゴト揺られていたところ、いかにも小悪魔アゲハ調の女の子が『ドラクエ9』をプレイしておりました。

 明らかに目のやり場に困る純白のビスチェ風ワンピース姿で、キラキラに光るサンダルを履いていた。ブログ用にザックリと観察しました。ごめん(※:ちなみに、その人にDSの画面を見せてもらったところ“宝の地図”のダンジョンを冒険中でした。けっこうハマってますね)。

「世の中、変われば変わるもんだなあ……」と、僕は思いましたね。

 コンピュータRPGの歴史が始まって以来かれこれ30年近くの時間が経とうとしていますが、よもやギャル文化を生きる人が、公共の交通機関の中で暇つぶしにRPGを遊ぶ時代がやって来ようとは……。RPGマニアの一人として、実に感慨深いものがありましたね。

 残念ながら僕はギャル系には全く縁がありません。その証拠に、肝心な時にDSの電池が切れていて地図の交換ができませんでした。ぬわー。
[PR]

by atom211974-3 | 2009-08-15 20:15
<< やめられない終わらない『ドラク... 『ドラクエ』との蜜月は終わった... >>