テレビゲームあれこれ日記

最近のハマりゲーム 2012.7.18

 ニンテンドー3DS用ソフト『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』を少しずつ遊んでいます。

 僕はサッカーのことはほとんど知らないのですが、それでも本作はゲームとして充分おもしろいし、ゲームうんぬんは抜きにして、ひとつの“システム”として大変興味深くプレイしています。

 できれば、このゲームをキッカケにサッカーに詳しくなりたいという下心も正直あります。

 そもそもサッカーは“ゲーム”の一種ですから、実はゲーマーがハマらないわけがないんですね。“ゲ-ム”のシステムがよくできているからこそ、サッカーの深い歴史が生まれているわけで。

 で、これって全てのスポーツに言える。

 このゲームを作ったスポーツ・シミュレーションゲーム界のスペシャリスト薗部博之(そのべ・ひろゆき)氏には、個人的には今後、ボクシングのゲームを是が非でも作って欲しいですね。僕はボクシングには目がないほうなので……。

 しかし薗部氏は、わりと流行っているスポーツをゲーム化する傾向にあるので、今や人気が地に落ちたボクシングなどは望み薄なのであります。がびちょーん。

 たとえばコンピュータRPGの礎『ウィザードリィ』や、コーエーテクモゲームスの『三国志』シリーズなどなど、システムの循環だけで“ストーリー的なもの”を感じさせるようなゲームが僕は特に好きです。

 その理由は、文章や映像を山ほど見せられるゲームよりも、不思議なことによほどドラマ性を感じるからです。
 この感覚は、コンピュータ・メディアでしか味わえないものですね。

 この『カルチョビット』も、充分その仲間入りの条件を満たしていると思います。
 パラメータの処理だけで、“ドラマ”を感じさせる。これは本当に凄い試みだと思うけれど、まだまだ本作も正当な評価を受けているとは思えません。

 全国の皆さん買え!
[PR]

# by atom211974-3 | 2012-07-18 01:14

梅雨空と3DS

 2012年も半ばが過ぎて、気がつけば7月に突入。紫陽花も枯れ落ちる今日この頃。

 暑いのか寒いのか今ひとつハッキリしない天候の中にあって、3DSのソフト・ラインナップだけはハッキリ「凄い!」と言い切れる充実度を誇っています。

 特に5月末に出た『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』、6月末に出た『カルドセプト』、そして今月(7月)に発売される『ポケットサッカーリーグ カルチョビット』。

 長年ゲームで遊んでいますが、このコンボはちょっと凄いと思う。

 従来であればハードウェアのライフサイクルの“末期”にようやく出そろうような、いずれ劣らぬ珠玉の中堅タイトルが毎月のように続々と登場するわけですから。デアゴスティーニかっつの。

『カルドセプト』はすでに買ったし、『カルチョビット』も買う予定です。
 サッカーに詳しくない僕でも、前作(GBA版)は大いにハマりましたからね。実にいいゲームです。

 思えばGBA版の『カルチョ~』が出た当時は、ちょうど市場がGBAからDSに移り変わる時期に当たり、おもしろいゲームであるにもかかわらず、あまり注目されなかったんですよね。もったいない。

 そう言えば『テリー』も『カルド』も『カルチョ』も、全てWi-Fiに対応している“対戦型”のゲームでもあります。Wi-Fi環境が世間一般に浸透してきたから、それを活かしたソフトを出しやすい状況にあるのでしょう。

 僕は対戦ゲームがもの凄く下手なので、基本的には一人でちまちまとオフラインで遊ぶ予定。
[PR]

# by atom211974-3 | 2012-07-04 00:37

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 (3DS用ソフト) その4

 プレイを続けること70時間。

“ギガンテス”と“ギガントヒルズ”を配合して生まれる巨獣“バルザック”。こいつの圧倒的な強さ、そして可愛さに惚れ込んでいる最中であります(相変わらずWi-Fi-対戦ではちっとも勝てないんだが)。

 しかし他のプレイヤーを見ると、みんな本当に凄まじいモンスターやスキルを持っていて驚かされます。

 全国のニンテンドー3DSステーションやマクドナルドその他で、レア・モンスターを受信できたりするワケですが、僕はまだその手のスペシャルデータは全く貰ってないや。

 もちろん欲しいのはヤマヤマなのですが、マクドナルド店内で3DSを開く勇気が、もうひとつ湧いてこない(これが年齢ってヤツか……?)。

 でも“すれ違いバトル”でのデータ配信なら、3DS本体を鞄に入れたままでもモンスターを貰えるので、いつまでもモジモジしていないで、そろそろ受信しに行こうかと考えておる(特性:こうどう おそい)。

 しかし話は変わりますが“オロオロ”とか“ヘロヘロ”のスキルは始末に負えんなあ。

 対戦中に、わざと波乱を起こすために入れたんでしょうけどね。勝敗が固定化しないように。言わば『マリオカート』におけるバナナやキノコのようなアイテムと同じです。

 それは分かるんだけど、しかし経験値を稼げば稼ぐほどに“ヘロヘロ”しやすくなると言うのは理屈に合わない。次回作では、もうちょっと納得のいく“理由”をでっち上げてほしいところ。
[PR]

# by atom211974-3 | 2012-06-24 03:00

『ドラゴンクエストモンスターズ テリーのワンダーランド3D』 (3DS用ソフト) その3

 プレイ40時間を突破。
 ま~だエンディングに辿り着いておりません(無駄な育成ばっかりして遊んでいる。エヘヘ楽しい)。

 しかしこのタイトル、リリース初週の販売本数が51万本に達したと聞いて非常に驚いています。リメイク作品としては異例の売れ行きですよね。

 まだ3DS本体を買ったばかりの人たちの「何かおもしろいRPGはないかなあ」といった“RPG飢餓感”や、本作のオリジナルに熱中した世代の人たちが今日まで抱え続ける郷愁、そして『ジョーカー』シリーズに慣れ親しんだ子供たちからの期待感などなど、あらゆるユーザー層への訴求が上手く行った結果だと言えるのではないでしょうか。

 すでに本作のユーザーとなっている僕も、そこまで売れていると聞いて決して悪い気はしません。
「うおお、みんなで盛り上げて対戦しようぜ! よーしモンスターをどんどん育てなくちゃ!!」と、前向きな気持ちが湧いてきます。

 ただ、そうは言いながらも僕はまだ一度もWi-Fi対戦に挑んでいません。比較的気軽に参加できる“ランキングバトル”にすら手をつけていない。

 なぜならネット対戦のライバルたちは真の猛者ぞろいなので、怖くてやる気が起きないのです(笑)。まあこれは半分冗談ですが、半分は本当。

 このゲームの前作となる『DQMジョーカー2(プロフェッショナル版も含む)』や、先日リリースされたばかりの『マリオテニス オープン』などなど、手軽にネット対戦ができるゲームが増えて、それに伴いゲーム上でボコボコに負かされる機会も増えた(笑)。

 いい加減くやしいので、この『テリワン』ではもうちょっとモンスターを鍛えてからWi-Fi対戦に臨みたいと思っております。
「もうちょっと、もうちょっと」と言っているうちに、ついつい過保護になってしまうんだけどね(親馬鹿)。
[PR]

# by atom211974-3 | 2012-06-09 22:06