テレビゲームあれこれ日記

『スペースインベーダー ゲーム筐体型バンク』

 液晶ゲーム付きの貯金箱(『人生銀行』シリーズ、および派生作品の白眉『貯金伝説バンククエスト』)が話題を呼んで以来、いわゆるゲームマニア層(僕みたいな連中)の視線をもジワジワと釘づけにしつつある玩具メーカー大手・タカラトミー。

 やっぱり、それ系の新作が出た! 出て参りました! 
 チミたち貯金箱に一体何回おカネを使わせるのですか(怒)?!

 どうですか、e0090452_1361462.jpgこの写真をとくとご覧下さい。

 凄いべ凄いべ欲しいべ?
 何と今回の素材はビデオゲームのテーブル筐体だッ! 現在、満34歳の僕が4歳の時に発表され一大センセーションを巻き起こした(らしい)『スペースインベーダー』の“再現”が今作のテーマ。

 これは偉いと思いますね。
 前作の『バンククエスト』は、『ドラクエ』のようなRPG(ロールプレイングゲーム)をモチーフとしたことで評判を呼んだけれど、それとは全く違う方向に舵を切った。「やられたゼッ」と思いましたね。

 まずはその冒険心に惜しみない拍手をお送り致したい。パチパチ(2回かよ。だっておカネないんだもん)。

 まあでも、前作の『バンククエスト』にハマった人の中で、これを買おうかどうか迷われている向きには、あえてお勧めはしません。

 誤解を恐れずに言うならば、ゲームとして見れば今日的には別に面白くはないんだよね。オリジナルの『スペースインベーダー』に郷愁を感じる世代じゃないと、いま遊ぶには正直キツいものがあります。おれインベーダー世代のおっさんにボコられるね。

『スペースインベーダー』というのは、ビデオゲーム産業界における『日清チキンラーメン』のような存在だと思います(日清食品のおかげで、今は美味しい即席ラーメンがいっぱいあるからなあ。許してチョ……)。
[PR]

by atom211974-3 | 2009-03-28 01:21
<< 最近買ったゲーム 『ゲームセンターCX 有野の挑... >>