テレビゲームあれこれ日記

ロールプレイング貯金箱 『貯金伝説バンククエスト』 その2

 タカラトミーの液晶ゲーム付き貯金箱――『貯金伝説バンククエスト』のコイン投入口に、お財布の中の小銭(特に500円玉)を吸い上げられる日々。

 貯金総額はようやく1万円を突破した辺りですが、ゲームの攻略のほうはけっこう順調に進んでおります。

 遊び方にもよるだろうけれど、やり込み要素(!)についてもしっかりと考慮されていて、思ったより長く楽しめそう。

 と言うのも、ゲーム内での一応の目的を達成した後でも、武器屋を覗けばとてもじゃないけど高くて買えない高級な武器や防具がズラリと並んでいたりするわけ。タカラトミー恐るべし!

 僕はいま“おにまる”という日本刀が欲しいのですけども(笑)、そいつが何と16,000ゴールドもしやがる。しかし手持ちのゴールドは、たったの400ゴールド。まだまだ貯金(それもリアルの)が必要です。

「あーあ。欲しいなあ、“おにまる”欲しいなあ」

 と言うわけで、スーパー&コンビニなどでの買い物や電車の切符を買う時など、なるべく500円玉のお釣りを出してもらえるように仕向けるわけですね(努力の甲斐あって、今日は4枚の500円玉をゲットしたぜ。イエイ!)。

 しかし自動販売機の場合、500円分のお釣りが全て100円玉でチャリチャリと騒々しく出てきたりするので油断がならない。せっかくのピン札がそれで無駄になったりするとテンションが一挙に下がるので気をつけようッ。

 ユーザー個々人のリアル・エピソードこそが『バンククエスト』のストーリー性、なのかも知れないね。
[PR]

by atom211974-3 | 2008-10-04 23:17
<< 『Touch! Generat... ロールプレイング貯金箱 『貯金... >>