テレビゲームあれこれ日記

なぜ今“ヘラクレス”なのか―― 『ヘラクレスの栄光 ~魂の証明~』

 ニンテンドーDS用のロールプレイングゲーム『ヘラクレスの栄光 ~魂の証明~』。

 今作の発売がアナウンスされた当初、僕はてっきり、その昔スーパーファミコン向けに発売された伝説の傑作『ヘラクレスの栄光3 神々の沈黙』が、遂にリメイクされるんだッ! 

 と、上記のような早合点をしてしまいました(※註:実際には、本作は『3』とは無関係の完全新作です。ご注意あれ)。

 導入部のストーリーが『3』にそっくりだったのと、今回のシナリオを手がけたのが『3』の時と同じ野島一成(のじま・かずしげ)ということもあってすっかり勘違いをしてしまったワケですね。罠です。トラップ大佐です。

 ガッカリしなかったと言えば嘘になりますが、しかしながら、今回は今回でなかなかどうして面白いゲームに仕上がっているんですね。
 ストーリーも戦闘も楽しい。RPGとしては及第点の内容で、かなり真面目に作られているのが分かります。全体的に地味だけどね。

 たとえば『インドラの光』とか『忍者らホイ!』のようなB級どころを平気で楽しむことのできる向きには、自信を持ってオススメ致しますぜ(笑)。

 今回残念だったのは、戦闘モードのテンポがもの凄く悪いことと、嫌でもタッチペンを使わせられる場面(攻撃魔法の強化にタッチペンが必要)が頻繁にあったりするなど、システム周りの粗がやけに目立つことですね。

 基本的に、戦闘のテンポが良くないというのはRPGとして致命的――だとは思うのですが、開発スタッフのインタビューを読んでみると、何でも本作の戦闘は“カードゲーム”の対戦のような戦略性を盛り込んであるのだとか。

 なるほどね……! 根っこは“カードゲーム”なんだね。

 敵を眠らせたり、守備力を下げたりする地味な魔法が、実はかなり有効だったりとか(渋いッ!)。
 さらには、仲間のスキルの組み合わせ次第で思いもよらぬダメージを敵に与えられたりするなど、いろいろと工夫して楽しむ余地が用意されている。

 そういう戦闘のルール面やバランス面は、本当によく練られています。

 すなわち戦闘の一戦一戦が、まさにカードゲームの“試合”のような駆け引きの連続なワケ。ゲーム性は高いですよ。

 ただ、それをこの劣悪なテンポで連続的に遊ばせるのは、特にRPG初心者にとっては過酷だよね。ユーザーによっては、イライラしてRPGが嫌いになってしまうかも知れない。テンポさえ良ければ万事解決なだけに、もったいない。

 そうそう。
 忘れちゃいけないシナリオ担当・野島一成。今回もイイ仕事をしています。お話の見せ方が上手いんだな。

 野島氏と言えば、古くはファミコン時代の『探偵・神宮寺三郎』シリーズや、今回の『ヘラクレス』シリーズ、そして近年では『ファイナルファンタジー』シリーズ(主に『7』、『8』、『10』を担当)で活躍したシナリオライターであります。

 この人は、やはりなかなかのストーリーテラーであったのだなあ、と改めて実感している今日この頃。
 あーあ。今後、『3』もリメイクしてくれないかなあ……! リメイクが無理なら、せめてコミック化して下さい。お願いだから。

 本作の開発スタッフインタビューはこちら(任天堂ホームページ内)。
[PR]

by atom211974-3 | 2008-06-21 21:35
<< DS版『ヘラクレスの栄光』 ク... 『モンスターハンターポータブル... >>