テレビゲームあれこれ日記

こんな時代が遂に来た 携帯電話(iモード)アプリ版『ドラゴンクエスト3』

 今年(2009年)の秋に配信予定!
 とのアナウンスからけっこうな日数が経過し、「本当に配信されるのかッ?」などとゲームファンをヤキモキさせていた携帯電話(NTTドコモiアプリ)向けのドラクエ・リメイク最新作――『ドラゴンクエストIII(3) そして伝説へ…』が先日、いきなり配信されましたね。

 ニンテンドーDSの『ドラクエ9』にすっかり疲れていた僕もこのニュースには大いに興奮し、一も二もなくダウンロードしました。
 遊びたいと言うより「むしろ、あの『ドラクエ3』が携帯電話の上で動くところを、実際に見てみたい……!」、そんな気持ちでしたね。

 で、いざプレイを開始。ストーリー序盤の“アリアハン大陸”をちょっと冒険してみた。

 凄い、これは紛れもなく『ドラクエ3』だ(感動……!)。

 内容的にはスーパーファミコン版の『3』をベースとしていて、かなり気合いの入った作りであることが判ります。スーパーファミコン版で人気を博した、ゲーム冒頭の“性格診断”もちゃんと入っているよ。

 ところで、シナリオライターとしての堀井雄二の才能に触れるには、この『3』がとりあえず打って付けです。全体のストーリーの好き嫌いはともかく、一つひとつのセリフの出来が『9』とは全く違います。ぜひ比べてみてほしいですね。

 今回のリメイクで個人的に嬉しかったのは、レベルアップ時のファンファーレや、呪文を唱える音、戦闘に勝った時の「ちゅるちゅるウィーーン♪」などのミュージック・エフェクトが軒並みカッコ良くアレンジし直されている点です。

 ファミコン版の『ドラクエ2』以来じゃないですかね、ミュージック・エフェクトがこんなに垢抜けているのは……?

 決定ボタンを押した時の「ピッ!」の音も、扉を開けた時の「ピュイぴゅい?」の音も、リバーブ(音の残響効果)が強烈に掛かっていて非常に気持ち良いのだ。

 何度も聴く音だから、こういうのは嬉しいですね(ただ携帯電話のゲームって、あんまり音を出しては遊ばないんだよね……。それでもチカラを入れちゃうところがエラいけど)。

 来年1月にはニンテンドーDS向けに、シリーズ第6作目(『ドラゴンクエスト6 幻の大地』)のリメイク版の発売も予定される『ドラクエ』シリーズ。『9』も『3』も『6』も、奇しくも全て“転職システム”を楽しむ内容なんだよなあ。

 いろんな事情で仕方がないのは分かるけど、発売時期が重なりすぎだって(笑)!
[PR]

by atom211974-3 | 2009-11-21 21:32
<< 『メタルギアソリッド』 (ゲー... 『数学マスターDS』 (DS用... >>